モトクロス

ハスクバーナ・モトクロスの製品スペック

2 ストロークエンジン

4 ストロークエンジン

2ストロークエンジン

TC 85 17/14

tc 85 17/14
※クリックで拡大

スタイリッシュなカラーとグラフィックデザインが目をひくTC 85 17/14は、低回転域で強い粘りをみせる2ストロークエンジンを採用し、アクロバットなライドを可能としています。コンパクトボディながら過酷なシーンでの走行を実現する耐久性が備わっているため、ジャンプ台などがあるアップダウンの激しいオフロード周回コースを走り回るモトクロス入門用として、ライダーの楽しみを広げてくれるマシンです。

詳しくはこちら

TC 85 19/16

tc 85 19/16
※クリックで拡大

TC 85 17/14と同様、クロモリフレームと軽量なアルミのサブフレームを組み合わせたスタイリッシュなボディが魅力的。モデルチェンジにより白を基調としたカラーデザインへと生まれ変わり、よりアクティブな印象になりました。高性能なWP製サスペンションを備え、ライダーの好みやコースコンディションに合わせてセットアップすることで、起伏のあるオフロードコースを走破する喜びをもたらしてくれます。

詳しくはこちら

TC 125

tc 125
※クリックで拡大

TC 85 17/14 とTC 85 19/16同様の諸元&装備となっているTC 125は、コンパクトで粘りのある2ストロークエンジンと軽量なクロームフレームで構成されています。高性能で信頼あるWP製のフォークとマグラ製の油圧クラッチを標準装備し、ギャップのあるオフロードコースを走るうえでマシンとライダーとの一体感を高めています。あらゆる衝撃に耐えうる耐久性と簡単なメンテナンスで、マシンと長く付き合っていくことができます。

詳しくはこちら

TC 250

TC 250
※クリックで拡大

低回転域での力強いパワーをもたらす2ストロークエンジンに加え、新設計のシャフト採用によりマスの集中化と振動の軽減を果たすTC250は、敏捷性とライディングにおける快適性の向上を図っています。アップダウンの激しいコースを突破するため、グリップ性の高いダンロップ製モトクロスタイヤとモトクロスマシンに多く使用されるWP製サスペンションを採用するなど、モトクロスシーンにおける極限を追求したマシンです。

詳しくはこちら

4ストロークエンジン

FC 250

FC 250
※クリックで拡大

強度に優れるクロモリフレームに、アクティブなライドを実現するために計算された重心位置へエンジンをセット。モトクロスにおける運動性を妨げず、高いバランス性をもたらします。軽量化と強度に優れるカーボンファイバー製リヤサブフレームとWP製フロントフォークの組み合わせにより、シャープな機敏性を発揮します。FC250は、ハスクバーナが満を持して最新技術を盛り込んだモトクロスマシンの一台です。

詳しくはこちら

FC 350

FC 350
※クリックで拡大

FC250と同様の諸元&装備を共有するFC350は、最高出力58馬力を発揮。FC450に迫るパワーを実現しながら、FC250に並ぶ車重の軽さと軽快なハンドリングを引き継いでいます。計算されたシャフト位置から導かれた安定性に加え、路面から伝わる不快な振動を極限まで抑制。また、FC350には新設計のハンドルマップスイッチを備え、ライディングを妨げないシンプルな操作性としています。

詳しくはこちら

FC 450

FC 450
※クリックで拡大

フラッグシップモデルのFC450 は、FCモデル最大排気量ながら扱いやすさと俊敏なハンドリングを兼ね備えます。操作しやすい新設計のハンドルマップスイッチを備え、2種類のエンジンマップから走行シーンやスキルに合わせた設定が可能です。また従来のフォークより1.6kgの減量を図り、クッション性の高いWP製ショックで車体の安定性と人間工学に基づいた快適性を追求しています。

詳しくはこちら

ハスクバーナPREMIUM試乗会開催中

COPYRIGHT © SPEED MOTOR GARAGE ALL RIGHTS RESERVED.